黒酢で体内が変わる

黒酢がもたらす色々な効能

笑顔

スーパーに行くと、近年、商品棚にたくさんの種類の黒酢が置かれているのを目にします。そもそも黒酢とは、玄米を長期間にわたり熟成して出来たものです。栄養成分として、アミノ酸やビタミン・ミネラル類が豊富に含まれています。 この黒酢には、体に良いとされる色々な効能があります。そのひとつが、食欲増進効果です。夏などの暑い時期は、ほとんどの方は食欲が減退します。ですが、黒酢の香りと味には、脳に働きかけて嗅覚と味覚を刺激する作用があります。自然と唾液の分泌を促すことで、食欲が増進します。 また、黒酢には冷え症改善効果もあります。黒酢に含まれるアミノ酸には、赤血球を柔らかくすることができます。このため、体の抹消神経まで血液が届くようになることで、手足の先も温められます。冷え症を解消できることで、美肌効果、便秘の解消にもつながります。

摂取する時の注意点

黒酢は、人間の健康に良い影響を与える飲料といえます。ですが、黒酢を摂取する際には、健康のための注意点があります。まず、胃腸が敏感な方は、過剰な量を摂取しないほうが良いです。というのも、飲み過ぎると、胃腸が刺激を受けて腹痛や下痢症状を引き起こすからです。もしも違和感を感じたら、一度飲むのをやめて医師に相談したほうが良いです。その他の注意点は、寝る直前に黒酢を飲まないことです。というのも、寝る直前に飲んでしまうと、口の中は強い酸性に傾きます。そうなると、就寝時は唾液の分泌量が減っているので、歯が溶けやすくなります。その結果、虫歯になってしまいます。なので、食後や食前などにこまめに飲むことが大事です。